2006年10月06日

●郵便局でも買える投資信託

●郵便局でも買える投資信託


郵便局でも昨年2005年10月から投資信託が
買えるようになりました。

証券会社が主だった投資信託の販売窓口も、
銀行や郵便局と広がっています。


郵便局のようにもともと元本保証の手堅い
安全な金融商品しか扱っていないところが、
投資信託の販売をはじめたことは、今まで

手持ちのお金を増やすといっても、せいぜい
定期の預貯金ぐらいしか考えていなかった人
たちにも投資信託を身近なものにしたように
思います。


投資信託は自分が直接、株式購入等の投資を
するわけではなく、投資のプロにお金を託して
(信託)運用してもらう金融商品です。自分で

株を買ったりするのはちょっとという人でも、
お金を投資する事が可能になるわけです。

ただ、あくまで預貯金とは違い、投資信託は元本
を保証してくれません。いくら投資のプロが運用
するとはいってもマイナスになることだってあり
ます。郵便局が売っているから大丈夫だというよ
うなイメージだけで投資信託を買うことはあまり
おすすめはできません。


郵便局(郵政公社)のサイトには扱っているファンド
(投資信託)のラインナップと説明があります。投資
信託を買おうと思うのであれば、購入しようと思う

ファンド(投資信託)のことをじっくり調べてから
買うようにしましょう。


●郵便局で買える投資信託


投信信託の販売窓口が広がり最近では郵便局でも投資
信託を購入できるようになりました。

郵便局で買える投資信託もスタート時に比べ種類が増
えています。投資先が日本だけでなく海外のものもあり、
投資の方法も株式、債権、不動産投資と幅が広がっています。


郵便局で購入できる投資信託とはいっても実際に運用を
おこなっているのはファンド(投資信託)発行している
会社ですから、「郵便局が運用しているんだから元本割

れはないよね」などと勘違いする人もいるかもしれませんが、
注意して下さい。


郵便局が売っているのだから安心という先入観はとりあえず
捨てましょう。実際に郵便局がやっていることは、ファンド
(投資信託)の販売を取り次いでいるだけですから。


投資信託を買う場合、窓口が郵便局にせよ、銀行にせよ、
証券会社にせよ、投資を託す(信託)という商品は元本割れ
もあるというリスクを承知の上で、商品をよく調べて買いましょう。


投資信託には投資者保護基金という投資信託の購入者を守る
制度がありますが、郵便局から買った場合、この制度は適用
されないので、これも注意が必要です。



**************************************************************

☆超オススメ有料商材!
-------------------------------------------------------------------
【沼倉×インフォ侍】超爆裂!大逆転アフィリエイト 

-------------------------------------------------------------------
***************************************************************
お墨付きの優良商材です!

ブログで情報商材アフィリエイトをしたい人には特におすすめです。


http://tinyurl.com/o3fra
posted by hana at 09:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 有料情報商材レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

不動産投資信託とは
Excerpt: 不動産投資信託とはいかに投資の中で利点があるかご存知ですか。
Weblog: 私の稼げる情報・気になる情報
Tracked: 2006-10-11 00:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。